スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐ワイナリー2012 其の壱 ~畑篇~

昨日、二期ぶりに、
味彩のハウスワイン『かざま甲州』を醸す
甲斐ワイナリー(山梨県甲州市塩山)さんに伺ってきました。


前々期には、約3ヶ月に2回のペースでお邪魔していました。
同じワイナリーの同じ畑を1シーズン見続けることははじめての経験で、
(甲斐ワイナリーの)風間さんが、どのような考えでどのような方法で
『かざま甲州』を醸しているのかが、とてもよく分かり、
もちろん、ワインだけでなく、
その土地の季節の移ろいも体で感じることができたことは
文字通り、とても大きな収穫となりました。

その後、数組の味彩のお客様をご紹介し、そのご報告を受けるたびに
「小田さん、結婚してから全然来てくれなくなった」と言われ続け(笑)、
畑の状況は、イベントでお会いした時やメールなどで伺っていたのですが、
そろそろ伺わねば、と、ようやく昨日、再開・再会したわけです。


この時期のブドウ畑は、殺風景で絵になりません。
しかし、秋の収穫に向けて、
最も地味だけど、最も大変で、最も大切な時期でもあるわけです。
秋の新酒を心の底から喜ぶためには、
この時期の訪問が最も大切なのかと、以前の連続訪問で感じていました。

今回、嫁は3月の某国際資格取得のための猛勉強で出かけられず
単身での訪問となりましたが、
左手負傷がほぼ回復し、久々にカメラを振り回せるということで、
意気揚々と出かけたのでした。


というわけで、案の定シャッターを切り過ぎて、まとまりがつかず、
数回に分けてのご報告であります。

まず最初に、畑篇です。



その、最も大切な作業とは、ブドウの枝の『剪定』です。
左が剪定前で右が剪定後。

IMG_7413.jpg IMG_7414.jpg


長くなるので難しい話は省きますが、
この作業は、センスとか経験とか色んなものが必要で、
一つ間違えると、
できるワインにまで影響してしまうといっても大袈裟ではないのです。

IMG_7448.jpg

IMG_7451.jpg


風間さんの、素晴らしいなと思うところは、
求めているものを読み取って解説していただけること。
その人にあった言葉で、
それでいて、充分に納得できる的確な答えを出してくれます。

IMG_7423.jpg

IMG_7422.jpg


今回は、剪定の方法を詳しく教わったのですが、
ボクにもできるんじゃないか、と思ってしまう端的な解説に、
しかし逆に、
いかにこの作業が大変か、というところも滲み出してくれるのです。

IMG_7431.jpg

IMG_7426.jpg


現在、甲斐ワイナリーさんの自社畑では、
風間(息子)さんが、ほぼお一人で作業をされています。
彼がこのワイナリーに入った時と比べて、その面積は3倍となり、
気が遠くなるような地道な作業が、毎日、朝から日が暮れるまで続きます。

IMG_7434.jpg

IMG_7444.jpg


大変大変、と彼は言いますが、
楽しい楽しい、とボクには聞こえます。

IMG_7494.jpg

IMG_7427.jpg


ボクが『かざま甲州』のファンになった理由は、
それはそれは沢山の理由がありますが、
一番に、ボクの体に抵抗なく染み込んでくれること。
とてもやさしいのです。
これはボクの、『甲州種』に対するひとつの基準。
彼のワインをいただくと、
それを難なく造り上げているようにさえ思えてしまう。

はじめてこのワインに出会ったときにボクは、改めて、
自分には酒の神様がついていてくれているんだなあと思いました。



こちらは、試験畑。

IMG_7502.jpg


ここでの話は一転、「こいつ、難しいヤツだなあ」と思わせてくれます。
もちろん、本当に難なく造り上げてると思っているわけはなく、
しかしやはり、彼の中にはワイン造りの芯ができているのでしょう。
難しい言葉を畳み掛けられているはずなのに、なぜか、
安心感を得ることができるのです。




またここに、新たなワインが生まれようとしています。
貯蔵中のそれを試飲させていただきましたが、
一口含んでニヤけてしまいました。
その話は、また近いうちに。


次回は4月の、つぼみの頃に伺う予定です。
皆様とご一緒したく、ツアーも検討しておりますので、
今後のブログにご期待いただけましたら幸いです。



ああ、春が待ち遠しいですなあ。

IMG_7507.jpg



つづく。




追伸:
ご好評をいただいていた『かざま甲州 辛口2011 新酒』は
おかげさまにて先日完売(ワイナリー在庫なし)しました。
現在レギュラーで取り扱いのある"かざまワイン"は、
やや甘口の『かざま甲州 2010』のみです。
ほっとする味わいがあります。
グラスでもご提供しておりますので、ぜひお試しください。










写真撮りまくってすっきり店長 小田


Trackback

Trackback URL
http://ajisai4919.blog89.fc2.com/tb.php/191-f4974dda

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

ajisai

Author:ajisai
東急 東横線/大井町線
自由が丘駅より徒歩3分

厳選本格焼酎をはじめ
"和"を中心とした旨酒と
そこに寄り添う肴たち

寛ぎの空間で
楽しいお酒と
あたたかいお料理を

自由が丘 味彩の
公式ブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板
Twitter
 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
mixi
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。